ふんばる女 その3

(前回までのあらすじ)
1号の目が開かなくなった。



*~~*~~*~~*~~*



1号は涙と目ヤニが止まらず、うっすら目を開けるので精一杯。
日がな一日寝て暮らしてて元気もありません。
あまりに痛々しいのでまたまた病院へ行ってきました。

診察の結果、目の周りの炎症が進み、結膜が腫れていました。
どうも抗生物質が効いてないようです。
うーんと先生が唸って、「薬を変えましょう」と。
元が何の薬でこれから何の薬に変わるのかよくわかりませんが、
とにかく薬が変わりました。

それからおケツに注射を打たれて(意外と1号ノーリアクション)、
あと目薬ももらいました。

そしてとどめに一言 「この5日間がふんばりどころですよ!!!

ハァ・・・(´・ω・`)



すっかり様変わりしてしまった1号を連れて帰る車の中、
急に悲しくなってメソメソしてしまいました。

実は1号は猫エイズキャリアなのです。
拾った時に色々ありましたが、それ以降大きな病気もなく今日まで来ました。
しかしここにきて、ちょっとした怪我が治らない、悪化する。
これってもしかして・・・発症

いつかそういう日が来るんだろうなーと漠然と思っていて、
自分なりに覚悟をしてるつもりでしたが、
いざその時を迎えると、全然覚悟なんて出来てなくて、
ただオロオロ、メソメソするばかり。
ほんとカッコばっかでダメ人間だよなーと笑う。



家に到着し、キャリーから出すと、
ヨロヨロしながら餌場に向かう1号。
そのしょぼくれた背中を見てつくづく思う。



食欲すごいな。



(でもありがたいです、薬混ぜても気にせず食べるので)

食べたらすぐ寝ます。
ちょうどこの日、山野草会の行事でとある植物公園に行く予定でした。
本来ならもうすっかり元気になっているはずだったので、
行く気満々で準備してたんですが、こんな状態ではとても参加できず。



170807-01.jpg
ぐう。

その荷物・・・行くはずだった植物公園・・・ま、いいんだけども(;´Д`)



その後も寝たり起きたりの状態が続きました。



170807-02.jpg
わああああ。

いや、洗濯機で寝ることの是非は置いといて、
その、その枕にしてる物体、それはっ、


170807-03.jpg
世帯主の汗が染み込んだ、脱ぎたてジューシー靴下じゃないかぁぁぁ!
違う意味で命が危ないぃぃぃ!

これが原因でか(←たぶん違う)1日目、2日目、3日目と
回復しないどころか目ヤニも増え、目の周りが腫れ、
目薬を差すために目元を触るのも気の毒に思えるくらいになっていました。

ところが4日目に状況が一変しました。
目がしっかり開くようになりました。
いつも幽霊みたいにぼやーっとしていたのに、
心なしかキビキビ動いているように見えます。

5日目、最後の薬を飲んだ1号は



170807-04.jpg
1号 with B(便所グッズ)

お目々ぱっちりで、目線も定まってます(まだちょっと腫れてるけど)
おおお、勝った、勝ったぞーーー!

1号、ふんばりました、ギリギリで。


別にエイズが治った訳じゃないけれども、
免疫力がまだちゃんと残ってることが嬉しい。
また油断すると掻き壊すので、要経過観察ですが。

そうそう、キャリア猫の体調が悪化する可能性があるものの一つに
「不衛生」というのがあって・・・



はいゴメンナサイ、お部屋片付けますーーーε≡≡ヘ( ´Д`)ノ



*~~*~~*~~*~~*



暑さでカッスカスのバラが、一枝だけ伸びてささやかに花を咲かせました。

170807-05.jpg
ボレロ



170807-06.jpg
フランシス・デュブリュイ


みんなふんばってます。
スポンサーサイト

ふんばる女 その2

(前回までのあらすじ)
1号のまぶたにかさぶたが出来た。
病院で薬もらった。



*~~*~~*~~*~~*



腹でパソコンを操作するIT社会の申し子、1号。
ちょっと私の理解の範疇を超えるコマンドを入力されると困るので、
一旦パソコンの電源を落としました。

そして完成したパラボラをおそるおそる装着。



170806-01.jpg
うん、小さいね。


小さいが故に違和感も少ないらしく、そんなに嫌がりません。


170806-02.jpg
慣れさせるために、とりあえずこれで様子見。←正直作りなおすのが面倒



パラボラを装着した衛星1号はどうなったかというと、

170806-03.jpg
ちゃんとエサも食べるし。



写真撮るのに夢中でエサあげなかったら

170806-04.jpg
いつものようにブチ切れするし。



170806-05.jpg
外に出たがるし。



広大な庭を眺めるし。
170806-06.jpg
     庭小っさ!           すぐ道路!



大好きな「日本の里山」のオープニングで
右上から飛んでくる鳥の絵を、左下のテレビの裏で待ち受けるという
トリッキーな遊びも披露してくれるし。
170806-07.jpg

塗り薬のおかげで耳元のグジュグジュも治りつつあり、
万事順調に・・・いくかと思いきや、
パラボラをちょっと外した隙に目をまた掻き壊してしまいました。

抗生物質を飲んでいるのですが、
殺菌するより酷くなるスピードの方が早い感じで一向によくなりません。

そしてだんだん元気がなくなって、
気付くといつも寝てばかりになりました。



170806-08.jpg
いやあああ((((;゚Д゚))))

パソコンの排熱口をぴっちり塞ぐように寝るのはやめてぇぇぇ。
なんとか排熱部分を確保しようとパソコンをずらすも、
1号も同じだけ身体をずらしてくる。

170806-09.jpg



攻防の結果、



170806-10.jpg
マウス操作するスペースがなくなった(完全敗北)。



そんなこんなで病院からもらった薬が切れた日。



170806-11.jpg
目が開かなくなった。


(続く)

ふんばる女 その1

また更新してないブログに被さる広告が出るようになってしまいました。
うおー、消すぞ。



6月の下旬のとある日のこと。
1号が寝起きでこっちを向きました。


170805-01.jpg
ぶ。

まぶたが腫れ、舌を出している。
まさに寝起き、正統派の寝起き顔だ!w

これは写真に収めねば、とパシャパシャ激写し、
その姿を満喫しておりましたが、
不思議なことに、それからしばらく経っても顔が寝起き顔のままなのです。

おや?(; ・`ω・´)

何気なく耳を触ってみると、すごく熱い。
これはもしや熱があって顔がむくんでる?
もう夜だったので、翌朝病院に連れて行くことにしました。



一晩寝た1号は、目もぱっちり開いてて、耳も冷たくなってます。
ああやっぱり昨日の顔は寝起き顔ではなくて腫れてたんだ、と思いました。
良かったね、治ったね、と顔をなでなでしていると、妙な感触が。
まぶたの上がゴツゴツしている。

なんぞ?

なんかかさぶたみたいなものが両まぶたの上にくっついています。
キモーーーー((((;゚Д゚))))

結局病院へ連れて行くことになりました。



色々チェックされて、先生の開口一番、

「肥満ですね。」

ガーーーン、3.2kgしかないのにデブ
まあ2号のせいでおもちゃであまり遊ばなくなったもんね。
なんとかして身体動かそうね(;´Д`)

そしてまぶたのかさぶたですが、
原因は意外なところにありました。

なんと、耳の中がめちゃくちゃ汚かったのです!(ギャー気付かなかった)
どうも耳が不快でカキカキしてる内に、
目もゴシゴシして、掻き壊してしまったようです。
その証拠に耳の付け根にもかさぶたがありました(ギャー気付かなかった)

というわけで、塗り薬と飲み薬を処方してもらいました。
塗り薬はステロイド入ってるので、耳には使えてもまぶたには使えません。
目をこれ以上いじらないように、あれ、あれですよ、
あのパラボラアンテナみたいなやつ、あれを作ることにしました。
(猫 パラボラ で検索したら、即座にエリザベスカラーと出て笑う)

クリアファイルをハサミでチョキチョキ・・・
なんか小さい気がするけど、まいっか。

1号に装着してみようと思って、ふと顔を上げると、



170805-02.jpg
わああああ。

どかしたい、どかしたい、なのに・・・



170805-03.jpg
すや~~。

起こしづらいじゃないか・・・。


どうしよう、また腹でコマンド出してるし。

170805-04.jpg


しかもなんか文字も入力してる。


170805-05.jpg
なんだろう、私の行動がトロいのを責められてるような気がするのは気のせいか。

(続く)



*~~*~~*~~*~~*



keiさんからもらったジニアのタネ、
「ペパーミントスティック」がすくすく成長し、ポタジェで咲いております。

170805-06.jpg
うむ、しっかり返り血を浴びておる(後ろのはニラ)。

取り急ぎ報告です、ありがとうございました\(^o^)/

種まきミニバラのその後

去年、ミニバラの雅と赤花ノバラにローズヒップが出来たので、
せっかくなので蒔いてみました。

「♀雅×♂赤花ノバラ」「♀赤花ノバラ×♂雅」と、
勝手に結実してたローズヒップを一つずつ、計4つを蒔きましたが、
ズボラなもので、

・蒔いた日付
・タネの数(ローズヒップの中に複数タネがある)
・交配したタネと交配してないタネ

これらがよくわからなくなりました。←えー
早いものだと蒔いて一週間くらいで発芽してびっくりしたような記憶が
あるようなないような・・・。



そして春を迎えた小さなプランターにチラホラ花が咲いてきました。←経過報告も雑

070630-07.jpg



まぁ親がコレと
070630-08.jpg



コレなので、
070630-09.jpg




そんなにバリエーションは無いかな~という感じでしたが、



①♀赤花ノバラ
070630-11.jpg

070630-05.jpg

母親似ですが、赤花ノバラの花弁がひらひらするのに対して
これはカップ咲きというか抱え咲きのようです。



②♀赤花ノバラ
070630-02.jpg

母ちゃんよりドス黒い色になりました。
色は好きなんだけどな~。花形が変~。



③♀赤花ノバラ
070630-03.jpg

右側のは母ちゃんのクローンみたいにそっくりですが、
左側のが小指の先ほどの小ささで、一人前にカップ咲きなのが笑えます。
たまたま小さく咲いちゃったのか、はたまたこの大きさで固定されてるのか。
小さいままだったら面白いのに。



④♀雅
070630-01.jpg

花形は雅そっくりですが、底白が無くのっぺりとした濃桃色です。
盆栽や小さめに仕立てたらかなり可愛いんじゃないかと思いますが、
わさわさ咲くとちょっとうるさそう・・・。



⑤♀雅
070630-04.jpg

あら?八重咲きが出た。
どこかでほほえみと交雑したのかもしれません。
大きさはほほえみより二回りくらい小さいです。



⑥♀雅
070630-06.jpg

なんかバラじゃない細い葉の植物が生えてきた~

か~ら~の~

やっぱりこれバラなのかな?という葉っぱ。
せっかく面白い葉なんですが、花が咲きそうな気配がまるでありません。



まだ開花してない株が多いですが、
開花株だけ見ても思ったよりバリエーション豊かだと思いました。
しかし赤花ノバラの血は強いな(笑)



*~~*~~*~~*~~*



070630-10.jpg

1号の豊かな腹肉に顔を埋める2号。
もう暑くなっちゃって、こういう姿は当分見納め。

いまさらながらの春の山野草展

先日、いつもの植物園で催された「初夏の山野草展」を見に行ってきました。
ブログにアップしようと思いましたが、
まだ春の山野草展すらアップしてないことに気が付いたので
もう2ヶ月も前の事になりますが、もったいないので春の方を書きます。←セコい



植物園に行く途中に海に面した道の駅があるので、そこでちょっと休憩。
その人もまばらな海岸に、目を疑う光景が。



170628-01.jpg
エエエェェェ(※4月です)

外国人の耐寒性能高過ぎるだろう(;゚Д゚)



気を取り直して、道の駅の周りの植え込みを眺めてたら、タンポポが。
170628-02.jpg
春ですね~。

日本のタンポポが減って、西洋タンポポばかりになったと言われますが、
最近はその西洋タンポポすら減ってきているのだそう。
代わりに増えつつあるのがアカミタンポポ。
アカミは漢字で書くと「赤実」。
名前の通り種が赤茶色(西洋タンポポはグレーっぽい)なので、綿毛になったら判別出来ます。
うちの庭にもタンポポが生えてきたのでチェックすると、なるほどアカミタンポポでした。

さてこれは西洋かな?アカミかな??



170628-03.jpg
日本タンポポ!?



このガクの一番外側(総苞片)が、ぐりんてなってるのが西洋です。
今まで色んな所に生えてるタンポポのぐりんチェックしてきましたが、
ぐりんてなってないの初めて見たぁ~。
しかもここしょっちゅう寄り道してるところなのに、全然気付かんかった・・・。

たぶんカンサイタンポポだと思われます。
いそいそと綿毛を採集して道の駅を後にしました。



そして植物園到着~。
170628-04.jpg
広場をぐるりと囲む水色のネモフィラと黄色いチューリップ。
あれ?なんか一個混ざってるような・・・



さて山野草展ですが、愛らしい花がたくさん並んでいます。


170628-05.jpg
斑入りヒメツワブキ?



170628-06.jpg
イカリソウ 烏山紅

とっても濃い赤紫が素敵です。
ああ、うちのイカリソウも記事にしないとと思うこと早2ヶ月。



170628-07.jpg
シナノナデシコ

涼しい地域だと多年草だけど、この辺りでは一年草扱い。
毎年タネで更新しなければいけない面倒臭さはありますが、
この涼しげな色合いはそれを踏まえても魅力。



ここからちょっとマニアックに・・・。



170628-08.jpg

このコーナー、色々な斑入りの葉があるな~と思いよく見たら、
手前左のスズムシソウ的なもの以外、全部行者ニンニクじゃないか!?
この溢れ出る行者ニンニク愛に胸を打たれました。



170628-09.jpg
たぶんパンダカンアオイだと思うのですが・・・

ご存じない方は「パンダカンアオイ」を検索してみて下さい。
ね、こんな尻みたいにもっこりしてないですよね?
セクシーカンアオイという新ジャンルを開拓したのではないでしょうか。



170628-10.jpg
テンナンショウ的な何か、の、変わりダネ。←ふんわり感ヤバイ

温かみのある色合いと盆踊りを踊っているような陽気な姿が
テンナンショウ的な何か、の不穏な空気感と相殺されて
ポップさすら感じさせる逸品です。



170628-11.jpg
ウラシマソウの変わりダネ。

花が真っ黒な上に、葉っぱの部分も花に変化しつつあり、全てが黒い、黒すぎる。
パワハラ上司に不条理な難癖付けられた時の私の内心のドス黒い炎のよう。



170628-12.jpg
素心ムサシアブミ

あ、ムサシさんの存在すっかり忘れてた・・・。
記事にしないまま我が家のムサシさんは今シーズン終了となりました。←わぁ。
こちらは爽やかなホワイトグリーンのセレブなムサシアブミです。
しかし右下に素心じゃないムサシアブミがいる?

・・・いや、ヒメウラシマソウが飛び込んでるのか?と覗き込んで、私は息を飲みました。



170628-13.jpg
ムサシアミ・・・!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。